Blogs

SCI-TECH

Prime minister declares goal of a Japanese astronaut becoming the first non-American to walk on the lunar surface.

As the year winds down many of us are mulling over resolutions for ourselves in 2021, such as losing a few pounds, learning a new skill, or finding more time to spend with loved ones. On Tuesday, though, Japanese prime minister Fumio Kishida laid out a much larger, and more long-term, goal for the nation.

Meeting with Science and Technology Policy Minister Kobayashi Takayuki and members of the Japanese government’s Strategic Headquarters for Space Development, Kishida announced revisions to Japan’s Basic Plan on Space Policy, as it calls its objectives for space-related scientific development. Revisions to the Basic Plan are regularly made, but in the latest round, for the first time, one of the goals is to have a Japanese astronaut walk on the surface of the moon.

“The frontier of space gives hope and dreams to humanity,” waxed Kishida before transitioning to more practical reasons for going to the moon with “and it is also an important foundation for securing the stability of economic society.”

With Japan’s JAXA space agency not in the practice of launching manned spacecraft, the path to Kishida’s ambition of having a Japanese astronaut become the first non-American to walk on the moon appears to be the country’s participation in the Artemis Project, a NASA-led initiative seeking to carry out the first manned lunar landing since Apollo 17 in 1972.

Among the other topics discussed at the Strategic Headquarters for Space Development meeting were the importance of coordination between the Japanese government and private sector in developing supply vehicles and a new lunar rover for the Artemis Project, as well as efforts to advance techniques and technology for generating solar energy in space.

The Strategic Headquarters for Space Development hopes to have a …continue reading

    

With a library of over 350 items, you can craft an original model even if you aren’t an artist! So we did.

With the recent boom in virtual YouTubers it seems like everyone and their shonen dog are getting in on the virtual avatar scene, which is why we’ve seen so many “create your own” VTuber apps and voice modulators cropping up all over the Internet.

And now Japanese website Pixiv, which serves as a hub for both original illustrators and fan artists, has chosen to throw their hat in the ring with their own free software.

Plus the best part is that you don’t need a single lick of artistic talent! The software, VRoid Studio, comes with a well-stocked asset library that lets you adjust the character model to your liking and even dress them up in stylish threads.

▼ The software’s official trailer is up on YouTube.

The program is available even outside of Japan and even has an English interface, as I learned when I decided to download it for myself.

Notably, the program is less than one gigabyte in size and isn’t especially demanding — it ran perfectly well on a standard laptop. The interface is also easy enough that you can jump right in like I did.

▼ First, choose to create a new character.
It asks you to choose their style of gender presentation.

As I’m not an especially talented 3-D artist or well-versed in how to rig digital elements, I decided to stick with the provided assets for the most part. My goal was to recreate myself in anime format as best as possible.

Next, you’re prompted to …continue reading

    

Free-walk VR game gives you your choice of Monster Hunter weapons to swing as you track and fight Velkhana.

Though the original concept behnd Universal Studios Japan was to be a place where guests can enjoy movie magic, the Osaka theme park has also become one of the country’s coolest destination for video game fans.

Last spring saw the grand opening of the park’s Super Nintendo World expansion, and last month we found out it’s going to be growing even bigger to welcome another Nintendo star. Then at the start of October came word of a separate partnership between USJ and the Pokémon Company.

Universal Studios isn’t in any mood to ease up on the gamer-oriented accelerator, either, as they’ve just announced their newest project: a team-up with Capcom’s smash hit Monster Hunter franchise. It’s a VR attraction, but instead of being a headset-supporting roller coaster or theater show, USJ is giving fans what they really want: the ability to grab weapons and hunt some monsters!

Monster Hunter World: Iceborne XR Walk is the first attraction for USJ’s new XR Walk, a free-walking virtual reality system and venue (i.e. you’re actually walking around it, not sitting in a chair and pressing a “walk” button).

Together with up to three other players in your party, you’re cast as recent arrivals as the game’s Seliana base. After another hunter comes back to the guild after suffering heavy injuries, your team heads out to rescue his comrades who are still out there in the Hoarfrost Reach, traversing snowfields and caves as you gather items, search for tracks, and try to find the survivors.

Naturally, you’ll be armed, and you get your choice from among a selection of iconic Monster Hunter weaponry such …continue reading

    

Source: Grape

The number of people exploring the so-called metaverse with VR equipment is growing day by day. This trend has been accelerated by the novel coronavirus pandemic, as it has provided an opportunity for people to discover ways in which they can practice physical distancing while bridging social distance in the form of avatars.

But what does “being in VR” and “living in VR” actually look like? Little is known about people’s virtual lives due to the anonymous nature of the medium.

A groundbreaking report jointly authored by the Swiss cultural anthropologist and Vtuber researcher Ludmila Bredikhina (@BredikhinaLand) and the self-professed “world’s first” independent Vtuber and HTC VIVE brand ambassador Virtual Girl Nem (@nemchan_nel) from Japan provides much-needed insights.

Reproduced with permission from Virtual Girl Nem (@nemchan_nel)

Analyzing 1,197 answers to a large-scale worldwide study conducted between August 23rd and September 9th, 2021, the team created a report that visualizes the lifestyles of VR users, not only presenting trends in the ways people use VR but also shedding light on the different aspects of VR users’ unique lifestyles, such as romantic relationships and phantom sense.

Summary of Findings

The report is divided into three parts, a VR Lifestyle Report examining social VR utilization trends, avatar appearances, and vocal communication methods, a VR Love Report focusing on love and romantic relationships in VR environments, and a Phantom Sense Report on VR avatar communication and phantom senses (experiencing pseudo sensations during a VR experience that should only be audiovisual).

VR Lifestyles

Reproduced with permission from Virtual Girl Nem (@nemchan_nel)
  • Regardless of country, VRChat is the most popular social VR platform.
  • Social VR is primarily used to “socialize with friends.” However, usage purpose varies by platform.
  • Almost half of the respondents accrued more than 500 hours of total …continue reading
        

Some perplexingly good news for once.

There’s an old saying that it’s always darkest before the dawn, and sure enough after Japan’s most infectious wave of COVID-19 infections by far, we’ve been given an unexpected respite. However, why this is and how long it will last remain to be seen.

Around mid-to-late July cases began to skyrocket from about 3,000 a day to roughly 25,000 per day by around late August. However, just as fast as it shot up, the number of new cases took a nosedive to 549 on 10 October, amounting to a 98 percent decrease in about a month.

▼ Number of daily new cases in Japan during 2021

Not only is that a staggering drop, but the current rate of daily new cases is the lowest its been in all of 2021. Upon hearing this news, the cynical parts of us will undoubtedly assume that Japan just stopped testing as much, however, even by the metric of testing rates we’re still seeing record lows.

Despite the 98 percent drop in cases, there has only been a 45 percent decrease in PCR tests taken. Furthermore, among those tests the rate of positive results slid from about 17 percent to 1.2 percent, which is a 93 percent decrease and once again a record low for 2021.

The dark green line represents the Number of PCR Tests in Japan (7-Day Average). The light green line represents the Percentage of Positive Test Results (7-Day Average) multiplied by 10,000 so the different rates of change can be more easily seen.

So, now that COVID-19 certainly appears to be waning fast in Japan, …continue reading

    

Google は、10 月 10 日 – 11 日の「デジタルの日」に合わせて、中小企業のイノベーションを支援するツールをまとめたにものぼり、そのうち約 43% にあたる年間最大約 30 兆円を中小企業が生み出すとの試算があります(*3)。

そのひとつの鍵となるのが、テクノロジーの活用によるイノベーションです。Grow with Google では、2019 年のプロジェクト開始以来、140 以上のパートナーと協力してデジタルスキルトレーニングを提供してきました。

今回、中小企業のイノベーションを支援する新たなデジタルスキルトレーニング「イノベーションを加速させるための第一歩」の提供を開始します。

全国のローカルビジネスがデジタルを活用することで新たな組織のあり方を見出し、生産性の向上やイノベーションの創出につなげることをサポートするため、本講座ではスタートアップの成長を支援している Google for Startups や Accenture の協力を得て、イノベーションを生み出すために役立つ考え方やノウハウを無料で提供します。

具体的には、4 つのイノベーションの分類に基づき、実際にツールの活用によって事業の拡大に成功した企業事例や、データ分析に基づく広告の活用方法、Auto ML などビジネスの成果を高める AI などのツールについて学ぶことができます。 また、トレーニングを最大限に活用していただくために、Accenture、愛媛県、大阪府、全国商工会青年部連合会、日本商工会議所、日本青年会議所、JETRO、BASE 株式会社、MAKOTO CAPITAL、三重県の 10 パートナーと連携して無料のオンラインコースを提供します。受講を希望される方は、こちらからお申し込みください。

規模や地域、業種に関わらず、デジタルを活用し新たな取り組みを行い、イノベーションを生み出すきっかけを作ろうと日々挑戦している中小企業の皆様を Google は今後も支援してまいります。


出典

1: World Intellectual Property Organization「Global Innovation Index 2020」P.32

2: 内閣府 平成 30 年度 年次経済財政報告「第 3-2-1 図 イノベーションの実現状況の国際比較」(備考:OECD 「OECD Science Technology and Industry Scoreboard 2015 より、内閣府が作成)

3: Alphabeta 社の Economic Impact Report より


Posted by 中小企業のデジタル化支援プロジェクトチーム

…continue reading

    

本日 Google は、国内の活発な報道業界の継続的な支援に向けた新たな取り組みを発表します。これらの取り組みは、の一部です。Google ニュース イニシアティブも国内における様々な取り組みを行っています。

Women Will Leadership Program

報道業界が多様性を受け入れる文化を促進するために、報道業界に向けた Women Will Leadership Program の申し込みを本日より受け付けます。このプログラムは、10月13日を皮切りに2 か月間のリーダーシップ スキル トレーニングと問題解決ワークショップを通じて、女性がキャリアを向上させ、企業における職場環境の変化を推進するためのトレーニングを提供します。編集、ビジネス問わず、本テーマにご関心がある方はどなたでもご参加いただけます。詳しくはサイトをご参照下さい。


GNI Local Lab

Google は、地方紙が地域と人をつなぐ重要な役割を果たしていると認識しています。地方紙を支援するために、42 都道府県 46 の地方紙にトレーニングを提供します。この取り組みは、報道機関がサイトのパフォーマンスを向上させるのに役立つワークショップと、知識共有セッションに焦点を当てたものです。また、地方紙のデジタル収益の拡大に必要な実践的な実装もサポートしており、これまでもサイトスピードの向上やUIの検証を通して媒体収益の向上に取り組んできました。詳細についてはpublishingpartnerprogram@google.comまでお問合せ下さい。

Build New Local

地方紙が主導する Build New Local プロジェクトもサポートしています。これは地方紙が、アフターコロナ時代における地域社会を新しい形に再構築するという目的で、人材開発、新規事業アイデアの創発、新規デジタルビジネス開発、ネットワークづくりに取り組んでいるものです。Google は、Build New Local 参加者に Grow with GoogleGoogle News Lab を通じたデジタル マーケティングやオーディエンス開発などのデジタル トランスフォメーション スキルトレーニングを提供しました。また、アイディアソンでは、Google のワークショップである CSI: Labからデザイン思考のヒントなどを紹介しました。年末に開催される Build New Local ビジネス アイデア コンテストも支援する予定です。


これらのプログラムは、国内のあらゆる規模のニュース組織に向けた Google の長期的な支援の一環です。Google では、News Lab を通じて国内の18,000 人以上のジャーナリストにトレーニングを提供して参りました。現在は選挙に焦点をあてたセッションも進行中です。また、パンデミック下でも地方の報道機関が地域に必要な情報を提供できるよう、ジャーナリズム緊急救援基金 (Journalism Emergency Relief Fund) と GNI Innovation Challenge プロジェクトによる支援を行いました。


国内の報道業界と報道関係者は、テクノロジーを活用して読者と関わり、データに基づいた意思決定を行って、ビジネスと報道の取り組みを改善しています。Google は、デジタル プラットフォームが報道関係者、報道機関、通信社と協力し、持続可能で独立した多様な報道エコシステムに貢献することが重要だと考えています。報道がこれまで以上に重視される時代において、報道業界に向けた取り組みを強化できることを嬉しく思います。

…continue reading

    

Google では、日本の未来を担う子どもたちが プログラミングと AI で身近な問題の解決に挑戦する「キッズ AI プログラミングコンテスト 2021」を開催しています。本日は、日本全国から多数いただいた応募作品の中から、ファイナリストに選ばれた 5 名の作品を発表します。
ファイナリスト(50 音順)
タイトル:「Dish !〜これでまんてんパパ〜」
名前:宇枝 梨良(東京都杉並区立桃井第五小学校)
応募作品についてのコメント:「お父さんが家事を手伝うのはいいんだけど食器洗い機にいれてはいけないお皿まで食洗機に入れてしまい、しょっちゅうお皿を色落ちさせてお母さんが悲しんだり怒ったりしてます。でも、お父さんもわざとじゃないし、でも全然覚えてくれないので、手助けできる何かが必要だと思いました。お皿を AI に登録しておけば簡単に確認できるんじゃないかと思って作りました。」
タイトル:「姿勢直しシステム」
名前:田上 雄喜(東京都品川区立芳水小学校)
応募作品についてのコメント:「AI で姿勢を判定して、姿勢が悪くなったら音で注意してくれる作品です。ご飯を食べる姿勢が悪くて注意されてしまうので、自分で直せるようにこの作品を作りました。姿勢が悪くなったら点数を減点してゲームのように楽しめるようにしました。1 週間点数を比べられるようにすることで、毎日使いたくなる工夫をしています。 」
タイトル:「1 日を楽しく過ごすための忘れ物チェックプログラム」
名前:ちひろ
応募作品についてのコメント:「小学生になって妹の忘れ物が増えたので、このプログラムを作成しました。私が作った忘れ物チェックプログラミングを使えば、AI が支度の確認作業を手伝ってくれます。このプログラムのモットーは笑顔で登校できるようにすることです。」
タイトル:「たっちゃんひとりでできるもん」
名前:mebumebu(岐阜県関ケ原町立関ケ原中学校)
応募作品についてのコメント:「ぼくの弟、たっちゃんは甘えん坊です。4 才になったので、自分のことは自分でやってほしいと思い、このシステムを作りました。AI の音声認識と画像認識を使い、保育園の準備をアシストします。上手にできたとき、『はなまる』がもらえます。準備が完了したとき、一階にいるお母さんを呼んでくれます。」
タイトル:「ストップ!くちポカライオン」
名前:LEGO 太郎(愛知県名古屋市立植田小学校)
応募作品についてのコメント:「AI による画像認識を利用して、口呼吸対策をする装置を作りました。 口が開いたままの状態を検知すると、ベルやブザーで教えてくれます。口の周りの筋肉をきたえる効果のあるあいうべ体操のリズムを流して、口呼吸の予防につなげることもできるようにしました。ぬいぐるみを使ったので、どこに置いても使えるデザインです。」
応募されたプログラムとデモ動画を、Google の研究・開発部門に所属する社員が審査員として「イノベーション」、「チャレンジ」、「完成度」の 3 つの要素を総合的かつ厳正に審査し、上記の 5 作品を選出しました。ご応募いただいた皆さん、どうもありがとうございました!そして、ファイナリストの皆さん、おめでとうございます!
ファイナリストに選ばれた皆さんには、2021 年 10 月 2 日(土) 15 時〜 16 時に開催される Maker Faire Tokyo Online のオンライン配信イベント中にファイナルプレゼンテーションを行っていただきます。その後、同日 17 時から実施する表彰式でグランプリを発表します。
5 つの作品のうち、グランプリに輝くのは一体どの作品でしょう?ぜひ 10 月 2 日の Maker Faire Tokyo Online をこちらからご視聴ください。
Posted by コンピュータサイエンス教育プログラム マネージャ 鵜飼 佑

…continue reading

    

昨今の社会状況もあり、移動手段に自転車を選ぶ方も多いかと思います。今年の 2 月以降、Google マップの自転車ルートの検索は世界中で 69% 増加しており、運動やコロナ禍での安全な通勤手段として、ご自身の自転車やシェアサイクルをより手軽に活用できるようGoogle マップも進化しています。

2020 年に日本でも公開した Google マップの自転車ルートは、今では世界 30 か国以上で提供しており、日々数百万人のユーザーが利用しています。新型コロナウイルス感染症の拡大によって人々のライフスタイルが変化し、自転車利用が増加していることに合わせて、ユーザーが使いやすい自転車ルートを見つけられるよう、継続的に情報を更新しています。

ドコモ・バイクシェアのサイクルポート情報を Google マップで確認

多くの人々が自転車を活用する今日、 所有する自転車を乗るだけでなく、シェア自転車を利用する機会も増えています。この度、日本における新しい取り組みとして、東京都と大阪府のドコモ・バイクシェアのサイクルポートの場所や利用可能な自転車の台数を Google マップで確認することができるようになりました。本機能は Android と iOS のユーザーが利用でき、対象地域は今後順次拡大する予定です。

自転車ルートを検索すると、サイクルポート式自転車シェアリングの情報を含む目的地までのルートが表示されます。表示される情報には、出発地近くのシェアサイクルステーションへの詳細な徒歩ルートとサイクルポートのリアルタイムの空き状況、そして、目的地に最も近いサイクルポートへのナビゲーション、最寄りのサイクルポートから目的地までの徒歩ルートが含まれます。

自転車ルートの改善

Google マップでは、最新の自転車ルートを提供するために、機械学習やアルゴリズムに加えて、公共機関やローカルガイドの投稿など様々な情報を活用しています。また、トンネル、階段や路面状態など自転車に適さないルートを考慮した、便利で快適な自転車ルートを表示します。また、各ルートの勾配を表示することで、選択する移動経路毎の疲労度を確認することもできます。

ぜひ、Google マップを活用して快適で安全な自転車移動を楽しんでください。



<!–INSTRUCTIONS Enter info below to be used in google.com/about site blog syndication. Leave elements empty if there is no valid data. Example: http://1.bp.blogspot.com/-mX0dxJxp8dg/Vo8MSdxypWI/AAAAAAAARsI/EjaFhvgAEgc/s1600/Beutler_Google_Giftwrap_-v2TW.png –> …continue reading

    

Would you rather get a vaccine in your arm or in your nose?

While vaccinations are definitely something we recommend, not everyone is a fan of getting jabbed. For anyone suffering from trypanophobia (a fear of needles), getting your vaccine shot can be a traumatic experience. In fact, at the site where I was vaccinated, a woman had to be carted off in a wheelchair before she’d even seen the needle, as she was so scared she’d begun to hyperventilate.

But now, thanks to new research by scientists at Mie University, needles may be a thing of the past when it comes to the coronavirus vaccine.

Professor Tetsuya Nozaka from Mie University’s Graduate School of Infectious Disease Control and Medicine announced a new coronavirus vaccine is being developed that can be administered through a nose spray, eliminating the need for needles at all.

“The vaccine can be sprayed through both nostrils, and the appropriate antibodies will be produced,” he said.

▼ Looks like we might not be needing that needle after all.

The spray vaccine, which has been in development since March 2020, can be stored for at least six months, and Professor Nozaka hopes the vaccine will be used as a booster shot. He also added that the initial animal testing stages had produced positive results.

“The vaccine’s effectiveness surprised even us,” the professor said, adding that the chance of any side effects like a fever are “extremely low”.

Seems almost too good to be true, right? Well, the professor is facing a pretty steep challenge when it comes to rolling out the vaccine spray.

It will cost 10 billion yen (roughly US$9.1 million) to commercialize this vaccine,” the professor admitted in an interview. “But we need to …continue reading