Toyota suspends output from nine factories in Japan due to quake

Japan Today -- Feb 17
Toyota Motor Corp is temporarily suspending vehicle production on 14 lines at nine group factories in Japan due to an earthquake that hit Japan's northeast last Saturday.

Domestic factories in five prefectures, including Aichi, Iwate and Fukuoka, halted production on Wednesday and will remain suspended until Saturday. The factories produce models varying from Lexus cars to Harrier SUVs.

While the earthquake had no significant impact on Toyota's factories, it affected some of the automaker's suppliers, causing a delay in parts supply, a spokesman said.

- Japan Today

福島と宮城で13日に震度6強を観測した地震の影響で、トヨタ自動車は国内9工場で17日から最長4日間、操業を停止します。  操業を停止するのは、愛知や岩手にある9の工場の合わせて14の生産ラインです。取引先が地震で被災して部品の供給が滞っているためで、期間は20日までの最長4日間です。  対象は国内すべての生産ラインの約半分を占め、高級車ブランドの「レクサス」など幅広い車種に影響が及ぶ見通しです。  来週以降の稼働は決まっておらず、操業停止が続く可能性もあるということです。  トヨタは2020年度の販売計画を引き上げたばかりですが、現時点で「販売台数への影響は精査中」としています。 - ANNnewsCH