Variant reported in Philippines detected at Narita

NHK -- Mar 13
A coronavirus variant reported in the Philippines has been detected in a man who arrived at Narita airport, near Tokyo, from the country.

The health ministry says the man in his 60s arrived at the airport on February 25 and tested positive at quarantine.

An examination at the National Institute of Infectious Diseases discovered the variant in the sample taken from him.

This is the first time the variant has been detected in Japan. The man has reportedly shown no symptoms of COVID-19.

The institute says the strain may be more infectious than the original one, and that it can pose the same level of threat as other variants spreading in Britain, South Africa and Brazil.

In the Philippines, there were 34 cases of infection by the variant by March 3.

The Japanese institute is calling on authorities to swiftly consider stepping up measures to prevent the strain from entering the country while monitoring the situation.

- NHK

先月、成田空港に到着した60代の男性がフィリピンで報告されている新型コロナの変異ウイルスに感染していたことが分かりました。  厚生労働省によりますと、60代の男性は先月26日にフィリピンから成田空港に到着しました。  男性に症状はなく、現在は施設で療養していて、濃厚接触者はいないということです。  国立感染症研究所によりますと、検出されたウイルスはフィリピンで複数報告されているもので、イギリスや南アフリカ、ブラジルで流行しているウイルスと同じ変異が確認されていることから同程度の感染力とみられるということです。  感染研はワクチンの効果にも影響があるとみています。  フィリピン以外でこのウイルスが確認されたのは初めてで、厚労省は今後、フィリピンを変異ウイルスの流行国に指定するなど水際対策の強化を検討するとしています。 - ANNnewsCH