Yoko Ono appeals for the abolition of nuclear weapons on Twitter

TBS NEWS -- Mar 28
Yoko Ono, the wife of the late John Lennon, complained on Twitter on the 26th, saying, "It's never too late" for the abolition of nuclear weapons.
egarding the dropping of the atomic bombs on Hiroshima and Nagasaki, she said, "The unbearable suffering of the A-bomb survivors did not end there." Yoko concludes the post with "IMAGINE PEACE," calling for "why continue to manufacture weapons that are known to be the most dangerous" and "let's wake up." - TBS NEWS

ビートルズのメンバー、故ジョン・レノンさんの妻、オノ・ヨーコさんが26日、核兵器廃絶に向けて、「遅すぎることはない」などとツイッターで訴えました。 広島・長崎への原爆投下について、「被爆者の耐えがたい苦しみは、そこで終わらなかった」としたうえで、「『ノーモア・ヒロシマ・ナガサキ』という被爆者の警告が、今ほど重要だった時はない」と指摘。  ヨーコさんは、「なぜ、最も危険だとわかっている兵器の製造を続けるのか」「目を覚まそう」と呼びかけ、「IMAGINE PEACE」と投稿を締めくくっています。