2022年のワールドカップ予選結果

newsonjapan.com -- Jun 17
ワールドカップ予選 アジアゾーンでは、日本の優位性を確認しています。

2022年のワールドカップ予選イベントでの闘いを遂行する上で、日本代表は再び素晴らしい結果を残しました。 ごく最近、日本は月曜日(2021年6月7日)のワールドカップ予選のグループFでタジキスタンを破ることができました。

ブルーサムライの愛称で呼ばれるチームは、タジキスタンの抵抗を4-1の地滑りスコアで終えることができました。 古橋亨吾(6分)、南野拓実(40分)、橋本拳人(51分)、川辺駿(71分)が日本の4得点を挙げた。

一方、タジキスタンの返事は、9分にイーソン・パンシャンベによって得点されました。 大勝利を収めたにも関わらず、日本代表が後悔していることが一つあります。

ネットバージンを維持できるという日本の希望は、ついにタジキスタンに対して打ち砕かれました。 イーソン・パンシャンベのゴールは、予選を通して無失点を保つという日本の希望を実現できなかった。

失踪するゴールを認めないようにようやく日本が最善を尽くしたのは、タジキスタンの選手のゴールでした。

それを除けば、日本は依然としてアジアゾーンでの2020年ワールドカップ予選イベントで最も生産的なパフォーマンスを発揮した唯一のチームです。

日本はグループFでタジキスタン、キルギスタン、ミャンマー、モンゴルを破り、7連勝を達成しました。

日本の選手はたった7試合で41得点を挙げました。 これは、日本の攻撃の爆発力が、各ゲームで平均6ゴールを達成できるため、並外れたものであることを示しています。

南野拓実、大迫勇也、守田英正、鎌田大地などのプレイヤーは、日本の攻撃の爆発力を非常に鋭く見せることができます。 ミャンマーは決勝戦で日本に虐殺されたとき、恥ずべきことをしなければなりませんでした。

とはいえ、ミャンマーは返事なしに10得点で日本の優位性を認めざるを得なかった。 日本が勝った大きな勝利は、2022年のワールドカップ予選で一度だけではありませんでした。

ミャンマーの前の試合、つまりモンゴルとの試合で、日本は14-0のスコアでチームを虐殺しました。

日本が行った虐殺は、東アジアチームのパフォーマンスがいかに猛烈であったかを示した。

その結果、日本が国際サッカーの舞台で常にアジアの台座に立っていることは驚くべきことではありません。

日本がこれまでに示したパフォーマンスは、2022年のワールドカップ予選で完璧な一歩を踏み出したように見えます。

2022年ワールドカップ予選グループFの順位:

1.日本:21ポイント(7ゲーム)

2.タジキスタン:10ポイント(7ゲーム)

3.キルギスタン:7ポイント(6ゲーム)

4.ミャンマー:6ポイント(6試合)

5.モンゴル:3ポイント(6ゲーム)

アジアゾーンでの競争は、ヨーロッパやラテンアメリカなどの他のゾーンと同様に非常に厳しいものです。 しかし、支配するチームは、少なくとも今後数年間は同じままであるように思われます。 日本、韓国、サウジアラビアなどのチームは、来年もアジアの顔を代表します。