Japan launches vaccine passports

taiwannews.com.tw -- Jul 26
Japan introduced a new vaccine passport on Monday

Japan is the first Asian country to follow the trend set by the European Union. Japanese who acquire the document can enter Italy, Australia, Turkey, Bulgaria, and Poland without 14 days of quarantine, according to UDN.

South Korea also recognizes the vaccine passports as a substitute for quarantine, though more related documentation is required.

Notably, Estonia does not require travelers from Japan to undergo quarantine even without a vaccine passport or PCR test results.

For those who wish to visit Japan, a two-week quarantine is still mandatory, leaving a lack of reciprocity that remains to be solved. Japan aims to expand its use of the vaccine passport to help recover its economy, according to the report. - taiwannews.com.tw

加藤官房長官「市町村窓口の混雑などを避けるためにも海外渡航目的以外の申請をお控えいただくようお願いしたい」 26日から全国で申請受け付けが始まった、新型コロナウイルスワクチンの接種を証明する 「ワクチンパスポート」について、加藤官房長官は自治体窓口の混雑を避けるために、 海外渡航目的以外の申請は控えるよう呼びかけました。 ワクチンパスポートは、現時点でイタリアやトルコなど5ヵ国で入国する際の隔離措置などが免除されます。 一方、ワクチンパスポートを持つ人が、日本に来る場合の措置についてはこう述べました。 加藤官房長官 「現時点で具体的に申し上げる状況には至っていない。国内外の議論、あるいは海外・各国地域の対応状況を注視して、知見の収集を務めながら鋭意検討を進めていきたい」 - テレ東BIZ