Toyota aims to sell 3.5 mil. EVs annually by 2030

NHK -- Dec 15
Japan's Toyota Motor, accelerating its efforts in the fast-growing electric vehicle field, said it aims to achieve global sales of 3.5 million EV units a year by 2030.

President Toyoda Akio unveiled his company's new EV strategy on Tuesday. The automaker has been emphasizing hybrid cars, and had previously planned to sell 2 million EVs and fuel cell vehicles in that time frame.

President of Toyota Motor, Toyoda Akio, said, "We'd like to respond to every need in each country and region, and offer a variety of options for carbon neutrality."

Toyoda said that his company plans to release 30 EV models worldwide. He also said all Lexus luxury cars sold in North America, Europe and China will be electric.

He said Toyota will invest 4 trillion yen, or about 35 billion dollars, in development over the period, half of which will be for batteries.

トヨタ自動車は14日、EV=電気自動車の強化を打ち出しました。 30車種のEVを投入し、2030年に350万台の販売を目指すといいます。先を行くテスラでも約50万台です。高級ブランドの『レクサス』も、2035年に新車の販売をすべてEVにします。 これまでトヨタは、電動車の開発戦略を“全方位”という言葉で表してきました。EV一つに絞るのではなく、ハイブリッド車も燃料電池車もという具合です。このため「トヨタはEVに後ろ向き」ともみられてきました。 トヨタ自動車・豊田章男社長:「私が“水素エンジン”に乗っているから、『他のものは優先順位が低いよ』と、一部、思っている人もいるけど、そんなことは全くない。あえて言うなら、今までのトヨタのEVは興味がなかった。これから作るEVには興味がある」 トヨタを動かすきっかけとなったのは、EVへと舵を切る世界の動きです。COP26では、イギリスなど20カ国以上が、2040年までにガソリン車の新車販売を停止する目標で合意しました。アメリカも、2030年までに販売される自動車の半分をCO2排出量ゼロの車にすると決めています。各国の販売台数に占めるEVのシェアを見ると、ドイツとイギリスは去年10%を超えました。中国は5.7%。一方、日本は、まだわずか0.6%です。 - ANNnewsCH