不正を防ぐためにカジノが導入している技術的戦術

newsonjapan.com -- Sep 15
アメリカ、ラスベガスの華やかな大通りの中心に位置する、映画『オーシャンズ11』の舞台となったラスベガスを代表するカジノで、強盗を計画しますが、果たしてカジノでは、イカサマ行為はできるのでしょうか?

結論から言うと、カジノ強盗、またはイカサマ行為を成功させるのは不可能に近いということです。カジノは、不正行為や盗難を追跡するために、様々な技術を駆使しています。この記事ではカジノがどのような技術を用いて不正行為を阻止するかをご紹介します。また、GoodLuckMateではカジノに関する様々なコンテンツも紹介しています。

カメラ

ほとんどのカジノには、ゲームフロアの隅々までカバーする高品質のカメラとモニターが設置されています。また、フロアの外(例えば、玄関や駐車場)にもカメラが設置されているケースが多いです。カメラは24時間365日稼働しており、細かい部分まで撮影することができ、カジノに入場する全てのお客様の情報を収集することができます。カジノの警備員は、このカメラで不審な動きを追跡し、フロアの状況を常に観察しています。

生体顔認証データベース

カジノによっては、生体認証による顔認識技術を導入し、顔をスキャンしてデータベースに保存しているところもある。カジノはこの技術を利用して、過去にトラブルを起こしたことのあるプレイヤーを探し出すことができます。カジノフロアに足を踏み入れた瞬間に、カメラがその人の顔の特徴をスキャンし、マッピングして、データベースとの一致をチェックします。過去に同じカジノに来たことがある人なら、ほとんどの場合、データは一致するはずです。

エンジェル・アイシステム

「エンジェル・アイ」トラッキングシステムも、カジノがカードトリックによる不正なゲームプレイを防止するために使用する技術です。カジノはこのシステムを使って、ゲームプレイ中のカードの入れ替えを追跡し、防止することができます。エンジェル・アイ・システムは、すべてのカードに目に見えないバーコードを付けることで機能します。このバーコードは、ディーラーの靴に設置されたセンサーによって識別されます。ディーラーがシステムを起動すると、配られたカードとデータベースに登録されたバーコードとの不一致をチェックします。このシステムはフェアプレーを促進し、カードをすり替えるプレーヤーを発見することを可能にします。

最新技術は詐欺師を打ち負かす

カジノでは多額のお金が一瞬で動きます。当然大金がある場所なので、そのお金を奪おうと悪事を計画する人もいます。しかし、カジノでの不正行為は、盗難や不正なゲームプレイを防止するために導入された技術的な戦術により、ほとんど不可能と言っても過言ではないでしょう。最も一般的な方法は、カメラ、顔認識技術、トラッキングシステムです。これらの技術をすべて組み合わせて、犯罪を防ぎます。ランドカジノでギャンブルをするときは、常にカジノ側が監視していることを忘れないようにしましょう。


Entertainment Page: 1 | 2 | 3