Princess Aiko attends college entrance ceremony one year late

Japan Times -- Apr 04
Princess Aiko, the only child of Emperor Naruhito and Empress Masako, attended Gakushuin University’s online entrance ceremony Saturday as a second year student, after many universities canceled such ceremonies last year due to the coronavirus pandemic.

The university allowed sophomores to attend the ceremony from either their classroom or locations outside the campus as part of efforts to prevent infections. The 19-year-old princess chose to attend it from home after talking with her parents and a doctor for the family, the Imperial Household Agency said.

The princess, who is studying Japanese literature, has been taking part in virtual lectures since she entered the university in April last year.

- Japan Times

大学2年生になられた天皇皇后両陛下の長女・愛子さまは3日、1年遅れの入学式にオンラインで参加しました。  愛子さまは学習院大学文学部日本語日本文学科の2年生になられました。  入学した去年は新型コロナウイルスの影響で入学式が行われなかったため、大学は今年の入学式を新2年生も対象にし、愛子さまはお住まいからオンラインで参加されました。  入学式は30分ほどで、学習院長の祝辞や新入生代表による宣誓などがあったということです。  愛子さまは去年10月、大学の施設などを紹介するガイダンスに参加するため初めて登校しましたが、対面の授業は行われず、お住まいでオンラインで授業を受けられてきました。 - ANNnewsCH