Keigo Oyamada to quit Olympic opening ceremony role over past bullying

Japan Times -- Jul 20
Japanese musician Keigo Oyamada said Monday he will leave the creative team for the opening ceremony of the Tokyo Olympics after admitting that he bullied children with disabilities many years ago.
The 52-year-old musician’s resignation, coming just before Friday’s opening ceremony, is the latest incident to beset the Olympics, which will be held mostly without spectators amid the coronavirus pandemic. - Japan Times

東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会によりますと、小山田圭吾氏が担当していたのは、開会式冒頭の4分間程度の楽曲です。組織委では、辞任した小山田氏の楽曲を「開会式では使用しない」方針で、対応を検討しているということです。組織委員会の武藤事務総長は、騒動発覚後も小山田氏を続投させたことについて「判断が甘かったと深く反省している」と謝罪しました。 - ANNnewsCH