News On Japan

日本人に一番人気のギャンブルとは?

Mar 27 (newsonjapan.com) - 欧米から日本を訪れる観光客の大半は、欧米では体験できない日本独自の歴史や文化、そして食事を楽しみにしていますが、日本は旅行中の運だめしやギャンブルを楽しむこともできる場所なのです。

ただ残念なことに、つい最近までギャンブルが法律で禁止されていたため のみ オンカジ、日本にはまだカジノがありません。将来的に、カジノのオープンは2025年以降になるようです。しかしながら、幸い日本にも、法律で禁止されていない特別なギャンブルが何種類かあるのです。今回は、日本でできる人気の3つのギャンブルをご紹介します。

パチンコは、多くの外国人の関心を引く可能性のあるゲームの一つでしょう。遊び方は簡単で、スロットマシーンによく似ています。実際、ほとんどのパチンコパーラーには「パチスロ」と呼ばれるスロットマシーンも置かれています。パチンコパーラーの多くは、派手なネオンと大きな文字の看板がある非常に大きなビルなので、簡単に見つけられます。

しかし、パチンコ人気の可能性は外国人に対するものだけではありません。パチンコは日本でも一番人気があるギャンブルです。ただしパチンコは、正式にはギャンブルとみなされていないため、ギャンブルではなく「運だめしのゲーム」という位置づけになっています。日本では、パチンコの収益が全エンターテイメント業界の40%以上を占めており、パチンコの未来は明るいと言えるでしょう。

ただ、パチンコで大金を稼ごうとは考える人はあまりいません。どちらかというと、1日の長い仕事が終わった後にネオンが輝くパチンコパーラーに立ち寄り、「カジノの騒音」の中でドーパミンが出るのを楽しんでいるのです。パチンコがここまで人気になった背景には、さらに深い歴史的かつ文化的な理由があります。ですからパチンコを試す前に、パチンコの全てについて学べるツアーに参加されるとよいでしょう。

パチンコが正確にはギャンブルに分類されないとすると、日本で一番人気があるギャンブルは競馬になります。どちらかというとストレスを発散するためのゲームであるパチンコとは異なり、競馬は本物のギャンブラーのためのゲームです。これに似た本格的なギャンブルの雰囲気は、アメリカの競馬場でも感じることが出来ます。レースを見るだけであれば年齢制限はありませんが、お金を賭けるのは20歳以上でなければできません。

日本のほとんどの競馬イベントを主催しているのは、政府が完全に資本を出資する日本中央競馬会(JRA)です。JRA主催ではないイベントもありますが、そのようなレースはお勧めしません。JRAの競馬レースは国内10か所にある競馬場で年に36回開催されています。競馬場ではレースを見たり、賭けたりすることが出来ます。そして、国内各地にある場外勝馬投票券発売所でも運だめしをすることが出来ます。

日本を含め、多くの国で最も手軽にギャンブルを楽しむ方法は、おそらく宝くじでしょう。日本ではどの宝くじ売り場でもスクラッチくじが売られています。ほとんどの場合、ルールは外国にもあるロッタリーとよく似ています。

スクラッチくじ以外には、数字を選び、一定数以上が間違いなく当たった場合に賞金がもらえる宝くじがあります。くじにもよりますが、3~5個又はそれ以上の数字を当てれば勝ちとなります。更に日本では年5回、より高額の賞金が当たるジャンボ宝くじも開催されています。

競輪、オートレース、競艇なども日本で人気のギャンブルです。色々チェックして、次回日本に来る時にはぜひ運だめしにトライしてみてください!

News On Japan
POPULAR NEWS

A meeting to deal with the three major airports in the Kansai region was held on Monday in Osaka City, where it was decided to officially submit a proposal for new flight routes for Kansai and Kobe Airports to the government, significantly increasing their capacity.

The Cape Soya Lighthouse, standing tall on a hill in Wakkanai City, Hokkaido, is Japan's northernmost lighthouse, established 139 years ago.

Kanagawa Prefecture unveiled its new logo, 'Kanagawa-Ken,' last Friday, only to find itself facing allegations that the design closely resembles Chiba Prefecture's mascot, 'Chiba-kun.'

Osaka Prefectural Police have issued a new directive urging all officers to wear sunglasses to protect themselves from the heat and sunlight.

Enoshima Bridge in Kanagawa Prefecture, which connects to the island of Enoshima, is now subject to nighttime traffic restrictions due to complaints about noise from modified vehicles.

MEDIA CHANNELS
         

MORE Society NEWS

A car plunged into the sea at Monbetsu Pier in Hokkaido, leading to the death of a 71-year-old man.

Osaka Prefectural Police have issued a new directive urging all officers to wear sunglasses to protect themselves from the heat and sunlight.

In Tendo City, Yamagata Prefecture, a gas cylinder from a kitchen car operating outside a soccer stadium exploded, injuring two people.

Three people who went missing after a landslide in Matsuyama, Ehime Prefecture, have been confirmed dead. The north slope of Matsuyama Castle collapsed early Friday morning, engulfing nearby houses.

A 23-year-old female police officer who had suffered severe head injuries during judo training at the Kyoto Prefectural Police Academy passed away on July 13th at the hospital where she was being treated, the police announced.

A 26-year-old policeman in Osaka has been arrested and indicted for sexually assaulting a girl in his car, knowing that she was under 16 years old.

A kebab shop in Shibuya's Center-gai has fallen victim to theft, with the arrested of five individuals, including a former employee.

A 37-year-old man arrested for entering a women's bath in Nagoya, has denied his intention was to see naked women.