ヨーロッパで最も人気のeSIM、Holaflyを利用してみよう

newsonjapan.com -- Dec 02
最近新しく誕生したサービスであるeSIM。これを利用することで、海外で気軽にインターネットを利用することができます。

eSIMのプロバイダーとしておすすめなのがHolafly。この記事ではHolaflyのeSIMについて紹介します。

Holafly のeSIMとは?

eSIMとは、スマートフォンの端末に内蔵された部品を利用して通信を行う仕組みのことです。

物理的なSIMカードが不要で、1台のスマートフォンで2回線の利用が可能な点が特徴です。

機能的には、物理的なSIMカードを2枚セットできる「デュアルSIM」対応のスマートフォンとほぼ同じだといえます。

Holafly のeSIMの大きなメリットは、「契約から開通までの時間が短い」こと。

通常、乗り換え手続きから契約完了まで数日かかるところ、HolaflyのeSIMなら数十分で完了するのです。

一方で、eSIMに対応するスマートフォンが限定される、SIMロックの対象となるなど、注意すべき点もあります。この点は、Holaflyで契約する前に、よく調べておく必要があります。

HolaflyのeSIMを利用するメリット

以下ではHolaflyのeSIMを利用するメリットを確認していきましょう。

オンライン手続きで1時間以内に手続き完了

eSIMの最も大きなメリットは、オンラインですぐに契約・開通できることです。

早ければ手続き開始から1時間後には、HolaflyのeSIMを開始することができます。

通常、物理的なSIMの場合、ネットで契約申し込み後、SIMカードを挿入して交換するため、到着を待つ必要があります。

一方、HolaflyのeSIMの場合は、SIMカードを入れ直す必要がなく、電子的に書き換えるだけなので、手続き開始から数時間で新しい回線を使い始めることができるのです。

乗り換え手続きの手軽さは、HolaflyのeSIMの大きな特徴です。

SIMカードの交換・返却の必要がない

eSIMでは、SIMカードの差し替えが不要なので、乗り換えの手間がかかりません。

物理的なSIMの場合、SIMスロットと呼ばれるケースを取り出し、新しいSIMカードを挿入する必要があります。

取り出したSIMカードは契約していたキャリアに返却する必要があり、キャリアの乗り換えの際に手間がかかります。

一方、HolaflyのeSIMの場合は、情報を電子的に書き換えることで乗り換え手続きが完了するため、SIMスロットを取り外したり、古いSIMカードを返却したりする必要がないのです。

eSIMなら交換時に破損する心配がありません。

複数回線を簡単に利用できる

eSIMの便利な使い方として、1台のスマートフォンで複数の回線を利用することが挙げられます。

物理SIMとeSIMの両方に対応したスマートフォンであれば、1台の端末で2つの回線を契約することが可能です。

例えば、1回線目は音声通話用の通話料が安い物理SIM、2回線目はeSIMのデータ通信専用SIMを契約することが可能です。


Business Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7