Coca-Cola starts drink subscription service in Japan

newsonjapan.com -- Apr 15
A new subscription service is now available for vending machines in Japan.

Coca-Cola Japan started a beverage subscription service (flat-rate billing) using vending machines this week.

Customers who set up cashless payments with the official app and apply for the service can purchase one drink a day from a compatible vending machine for 2,700 yen per month.

There are about 340,000 compatible vending machines nationwide.

Subscriptions are also being introduced in industries affected by the COVID-19 pandemic, such as fashion and restaurants, with a market size of about 876 billion yen which expanded by nearly 30% in FY2020, according to Yano Research Institute.

自動販売機にサブスクの新サービスが登場です。

 日本コカ・コーラは自動販売機を使った飲料のサブスクリプション(定額課金サービス)を今週から始めました。

 公式アプリでキャッシュレス決済を設定してサービスを申し込むと、月額2700円で自動販売機から一日1本好きな飲み物を購入できます。

 対応する自動販売機は全国で約34万台あるということです。

 サブスクリプションはファッションや外食など新型コロナウイルスの影響を受けた業界でも導入が進んでいて、矢野経済研究所によりますと、その市場規模は約8760億円と、2020年度で3割近く拡大しています。 - ANNnewsCH