News On Japan

2023年のインフレ見通し

Mar 06 (newsonjapan.com) - 2022年はここ数十年で稀に見る世界的なインフレの年だった。日本以外の多くの国がインフレ抑制のために金利を大きく引き上げたことで、昨年末からようやくインフレ低下の兆しが見えてきている。

ここ数十年で最大のインフレ

2022年はここ数十年で初めてとなる、世界的なインフレの年となった。インフレ率は消費者物価指数で表され、消費者物価指数は日本を初めほとんどの国が毎月1回発表する。消費者物価指数の数字はいろいろなウェブサイトに載っており、海外ブローカーのPortradesのサイトでもインフレ率を含めた経済指標をカレンダー形式で見られる。

しかしインフレ進行を懸念した各国中銀は昨年に政策金利を大きく引き上げた。各国の政策金利発表も同様にPortradesを含む多くのサイトで見ることができる。

インフレ抑制のためには利上げをすることがセオリーであり、利上げの効果で昨年末からようやくインフレにも頭打ちの兆しが見えてきた。

主要機関のインフレ予想は?

では日本の国内外の、2023年のインフレ率はどのように予想されているのだろうか?日銀が公表している各年度(4~3月)のインフレ率予想は、最新の数字で2022年度が3.0%だったが2023年度は1.6%とかなりの低下が予想されている。

IMF(国際通貨基金)が公表している世界全体のインフレ予想では、2022年(1~12月)のインフレは8.8%だったものの23年は6.6%と鈍化が予想されている。

一方欧州委員会のアメリカのインフレ率予想によると、2022年(1~12月)は7.9%と高かったものの2023年は3.4%と大幅低下が予想されている。

どの予測でも2023年は22年よりインフレ率の低下が予想されている。利上げの効果でインフレはかなり落ち着いてきたと見られている。

実際は予想より高い数字か

とはいえこれまで挙げた数字はあくまで予想であり、実際には終わってみるまでどうなるかわからない。おそらく全体的に公的機関の予想より高い数字になるのではないだろうか。

日銀の2022年度の予想を取っても、日本のインフレ率は昨年6月から今年1月まで8ヶ月連続で上昇しており、1月には約40年ぶりの4.2%となった。今後2~3月もさらに上昇すれば年間3.0%では終わらないだろう。

日本の2023年度も、あるいはアメリカや世界の2023年も予想通りにインフレが低下するとは限らない。昨年のインフレの大きな要因となったウクライナ紛争は、2023年になってもまだ終わっていない。エネルギーや穀物など商品先物価格が高騰したこともインフレ要因だったが、それらはまだ高止まりしておりパンデミック前の水準までは下がっていない。

公的機関の予想は外れることも少なからずあり、2023年のインフレ率も現在出ている予想よりは高い数字で終わるのではないか。

News On Japan
POPULAR NEWS

A meeting to deal with the three major airports in the Kansai region was held on Monday in Osaka City, where it was decided to officially submit a proposal for new flight routes for Kansai and Kobe Airports to the government, significantly increasing their capacity.

The Cape Soya Lighthouse, standing tall on a hill in Wakkanai City, Hokkaido, is Japan's northernmost lighthouse, established 139 years ago.

Kanagawa Prefecture unveiled its new logo, 'Kanagawa-Ken,' last Friday, only to find itself facing allegations that the design closely resembles Chiba Prefecture's mascot, 'Chiba-kun.'

Osaka Prefectural Police have issued a new directive urging all officers to wear sunglasses to protect themselves from the heat and sunlight.

Enoshima Bridge in Kanagawa Prefecture, which connects to the island of Enoshima, is now subject to nighttime traffic restrictions due to complaints about noise from modified vehicles.

MEDIA CHANNELS
         

MORE Business NEWS

FamilyMart, a leading convenience store chain, will implement a summer time schedule for its headquarters employees starting July 16. The initiative will advance both the start and end of the workday by one hour, promoting energy conservation and work style reforms.

Despite the rainy season not yet ending, the number of applications for insurance to cover the risk of heatstroke in Japan is increasing at an unprecedented speed.

Men's makeup is increasingly popular among Gen Z, with over 40% expressing no resistance to the idea. This trend, which gained momentum during the COVID-19 pandemic, sees young men adopting makeup for reasons such as covering acne scars and enhancing their appearance.

The cost of making a single serving of curry rice in Japan has reached its highest point in the past decade.

The Japan Business Federation (Keidanren) announced the results of its survey on summer bonuses for major companies this year. According to the survey, the average bonus payment increased by 4.31% compared to the previous year, reaching 983,112 yen.

Film cameras are experiencing an unexpected resurgence in Japan, as young consumers explore their nostalgic charm.

Keeping your B2B sales pipeline packed with hot leads is crucial for sustained growth and success.

To address the severe aviation fuel shortage in Japan, a new initiative has been launched as part of an emergency response formulated by the public and private sectors.